緑色のお家???!

三都の森の建築現場の近くにお住いの方に
時々、「お家の壁は緑色なんですか?」と聞かれることがあるそうです。
それは、こんな状態だからですね。↓

これは、三都の森で採用している
EIFS-G(ガーディアンシステム)という工法の工程の一つ
特殊防水材「ガーディアン」を塗っているからなんです。

この防水材は緑色ですが、
このあと外張り断熱の施工が続き塗壁で仕上げていくので、
仕上がりは緑色ではありません。

でも一旦、建物をすっぽり緑色に塗ってしまうので驚かれるのですね。

このガーディアンという防水材は、塗材なので継ぎ目がなく
しっかり防水できるのが良いところです。

また、「呼吸する水性防水ゴム」といわれることからもわかるように
透湿性という湿気を透過させる性能があります。

そのため、建物の内外による気温差によって発生した室内の湿気を
外に出すことができるので室内で発生する結露を防ぐことにも役立っています。

三都の森が大切にしている「低燃費」「快適住宅」「ローメンテ」ない家づくりのために
欠かせない建材です。

☆三都の森では、京都の左京区・北区を中心に
高性能注文住宅の設計・施工&高性能分譲住宅の販売を行っています。
家づくりのことなんでもお気軽にご相談ください!

(三都の森 辻川)