HEIG仕様|三都の森×イシンホーム住宅研究会のコラボレーション住宅

 

住所 〒603-8061
京都府京都市北区上賀茂荒草町49-4 
営業時間 土・月・日(AM10:00~PM5:00)  
火・木・金(事前予約いただいた方のみ見学可能)
◆定休日・・・水・祝日
駐車場 3台分アリ
電話番号 075-702-7713

 

●アクセスマップ

 

 

2016.10.30

夏ごろから建築しておりましたモデルハウスがとうとう完成いたしました。

次はいよいよ11月12日から始まる完成見学会となります!

常設のモデルハウスとして多くの方に見学いただける様になりますので、当社のお家に興味のある方は是非一度お越しください。

 

 

2016.09.23

2F床には、遮音性能向上のため板貼りをしました。内装工事がどんどん進捗中です。

こちらのお家の屋根は、立平ガルバリウム鋼板仕上げです。

 

2016.09.08

屋根の内側に、遮熱シートを貼ることにより、夏の日差しによる温度上昇を防ぎ、屋根裏も快適な空間として活用することを可能としています。
外壁面にも遮熱性能のある防水シートを貼ります。

また、断熱・気密性能に優れた硬質発泡ウレタンを現場で発泡させながら、壁と屋根裏部分に吹き付けました。いわゆる、お家のための“夏の日傘”、”冬のダウンジャケット”に相当するものですね。

 

 

2016.08.26

建方は、お家の本体の柱梁等を組み立て、
その上に棟木(屋根の一番高い部分)を上げていく作業です。

構造材は、国産桧柱と赤王者梁(欧州赤松を日本で加工)を使用しています。
構造材の詳細ページはコチラ

 

 

2016.08.22

建物本体の工事にとりかかります。
まず、土台と呼ばれる基礎と建物の骨組みをつなぐ部材をアンカーボルトによって固定。そして、建方と呼ばれる作業が続きます。

 

 

右の写真の中にある赤丸部分にご注目ください。「減震摩擦工法UFO―E」という、「地震力や加速度や層せん断力が半減」する装置を基礎と土台の間に設置し、ご家族の安全を守ります。

減震摩擦工法UFO―Eの詳細ページはコチラ

2016.08.20

基礎は住宅の足元を支える大切な箇所。
「一体打ち」の「ベタ基礎」と呼ばれる仕様で鉄筋とコンクリートで造ります。
「一体打ち」とは、ベース部分と立上がり部分を同時に施工し、打継のない頑丈な基礎をつくる方法です。立上がった部分が“ぽっきり”折れてしまうことを防ぎます。
また、建物全体を断熱するために、「基礎断熱仕様」としています。
「床暖冬涼夏」という全館空調設備を採用しますので、建物の床下部分に全熱交換機を配置し、各種配管を行いました。

 

2016.08.06

着工にあたり、「地鎮祭」を行いました。

地鎮祭とは、建築予定の土地の氏神様を鎮め、土地を利用させてもらう許可をいただき、これからの工事の安全と家の繁栄を祈願する儀式です。

今回は、神社で鎮め物を授与いただき、工事の安全を願ってスタッフにて執り行いました。

 

2016.07.28

このたび、イシンホーム京都北店が上賀茂荒草町に建てるモデルハウスProjectが始動いたしました。(完成予定:2016年11月2日)
女性が負担に感じる家事や収納の不満を、徹底研究し、全ての家事がキッチンから10歩以内でできる家事時間1/2動線を開発しました。
その他にも、子育て世代の家づくりの工夫が満載のモデルハウスです。

このページでは、これからモデルハウスの建築状況を公開してまいりますので、お家が出来る流れの参考にご覧ください。